フープピアスの輸入について

スポンサードリンク

輸入物が多いこともフープピアスの大きな特徴です。海外のセレブがパーティーなどで華やかなフープピアスを着用していることからもブ ームが起こっており、LA系と呼ばれるファッションにも使われるようです。 プレーンな極細のものから、カラフルなアクリル製のもの、人気のラインストーンがぎっしりと付いたもの、フープの中にパールやライン ストーンなどのパーツが入っているものなど、日本のものに比べて種類が豊富です。 どれもかなりのインパクトがあるので着る服なども選びそうですが、一味違ったものをお探しの方は輸入物にも目を向けてはいかがでしょ うか?今は輸入アクセサリーを多く扱う通販のお店も増えてきている上に値段もお手頃なので、まとめ買いして毎日の服に合わせて付け替 えてみてはどうでしょう?

フープピアスのパーツ商品はこちら

フープピアス

フープピアスとはフープ(輪)という名前の通り、輪っか型をしたピアスです。 見た目はただの輪なのですが、金具パーツの一部が外れるようになっているので、その部分を外してピアスホールに輪を通して、また金具 パーツをはめ込むことで身につけられます。その他にも、普通のピアスの金具にフープをつないだチェーンがぶら下がっている、揺れるフ ープピアスもあります。 フープピアスはシンプルなデザインながらも根強い人気があり、同じような形をしたフープタイプのイヤリング(こちらは一部がばね仕掛 けになっていて耳に挟む形になります)もあることから、耳のアクセサリーの基本のような存在だといえます。

セレブとフープピアス

セレブがラインストーンを大量に使ったフープピアスを使っていることから、おしゃれの上級者向けのアイテムだとよく言われます。確かに、大ぶりでキラキラしたピアスに負けないようなメイクや服を選ばなければいけないというのはちょっと大変ですよね。 それでも挑戦してみたい!という方にはゴールドの少し小ぶりのフープピアスをおすすめします。シルバーもいいですが、ゴールドは日本 人の肌にもなじみやすいので、意外と使いやすいと思いますよ。セレブのように…とはいきませんが、ラインストーンパーツがアクセント で付いているものも華やかで目を引きます。 自分に合ったものを探せば、フープピアスも使いやすいアイテムに早変わりしますよ。


手作りのフープピアス

手作りでフープピアスを作るには、まずどんなものを作るかデザインを決めなければいけません。でも、いきなりお店で売っているような ものを作ろうとするのはちょっと難しいですよね。おすすめなのは、インターネットで手作りのアクセサリーを作っている人のウェブサイ トやブログを覗いてみることです。様々な完成品を載せているサイトも多いので色々と見てみて、メールフォーム送信やコメントの書き込 みができれば気になったアクセサリーの作り方を質問してもいいかもしれないですね。 作るものが決まったら次は作るものに合わせてパーツを揃える必要があります。最低限揃えるのが「フープピアス(普通にお店に売ってい るものでも大丈夫です)」「ピアスにつけたいビーズやモチーフなどのパーツ」「モチーフをつないでフープピアスに取り付けるピン(9ピ ン、Tピンなど)やワイヤー」です。 通販サイトなどでもパーツを探すことはできますが、買ったワイヤやピンがビーズや天然石に通らないことがあるため、できるなら手芸店 のビーズ売り場に行くことをお勧めします。お店によってはパーツをまとめてキットとして売り出している所もあるのでそういったものを 利用しても便利です。 また、アクセサリーを作るときに使用する道具はニッパーとペンチがあれば十分です。家にあるものでも十分手作りはできますが、手芸店 にある先の細いペンチを使った方がワイヤーやピンを曲げたりするときに細かい作業がしやすいようです。

フープピアスの作り方

フープピアスの作り方は本を見て勉強したという方もいるかもしれませんが、今はアマチュアの方が手作りしたフープピアスの完成品の写 真や詳しい作り方をわかりやすくまとめたウェブサイトやブログもあります。通販のビーズ専門店などは、アクセサリーの作り方やパーツ の効果的な使い方、テクニックを簡単にまとめたホームページを作っているところもあります。 こんなパーツを使った、こんなところが苦労するから注意など、本にはなかなか載らないポイントが書いてあったりするので、試しに一回 見てみると参考になりますよ!