JAの職種

スポンサードリンク

JAグループは、現在組合員が約932万人が在籍しており、園芸、農産、畜産販売、酪農、営農技術、肥料、農薬、資材、農機、石油、海 外事業、コープ、ガソリンスタンド、レストランや博物館などの文化施設等、さまざまな業種の事業展開を幅広く行っております。これら の事業の中で、販売職、営業職、事務職、技術職等で、随時中途採用の募集もしております。また、中途採用後の研修制度は、就いたその 職種によっても違いがありますが、時代の変化とともに育成を目指す人材作りに積極的で、かなり充実しているようです。

中途採用対策本などはこちら

中途採用に受かるコツとは!

JAの仕事に転職を探している場合の中途採用情報の見つけ方ですが、主なものとして公共のハローワークがありますが、民間の転職エージェント等や転職求人サイトでも探すことができます。民間の転職求人サイトは、転職相談を受ける専門のアドバイザーがいるところも多いので、こういったところを利用して、JAの採用傾向などの情報を入手するのも手です。 また、各地域のJAの公式サイトでも、「採用情報」ページを見つけクリックすると、随時募集要項が掲載されている時がありますので、マメにチェックしてみることをお勧めします。 最終的には、自身が転職先を勝ち取る必要がありますが、受かるコツとしては信頼できる紹介会社と担当者を見つけて二人三脚で乗り越えるのがいいと思います。

JAの中途採用

農家を営んでいる家庭の生活を守るばかりでなく、地域活動にも積極的に取り組む目的で 組織されたJA(Japan Agricultural Co-operatives(日本農業協同組合)では、さまざまな職種の中途採用を行っています。職種といって も、JAの事業形態が多様化しているため、例えば、営業職、金融業務、販売、流通等、多義に渡っておりますが、どの職種もJAの性質上、 地域密着型の事業をめざしています。中途採用を行う場合、書類選考、筆記、面接の採用試験を実施しております。また、パートやアルバ イトも随時募集しています。


中途採用の面接とは?

JAの中途採用の求人募集を見て応募しますと、まず書類選考が行われますが、書類選考では各人のいままでの経歴はもとより、その履歴書 の書き方にも注目されます。次の段階の筆記試験までくると、一般常識、専門知識、あるいは、各人が持つ人間としての資質をチェックす るテスト、また論文などが含まれます。そして、筆記試験をついにパスすると、やっと面接を受けることになります。面接は、一般的に本 人が話す内容以外、話し方や雰囲気等の外見的なこともチェックをされています。JA面接当日は、印象のいい服装で、風格をもって、落ち 着いて面接に挑みましょう。

転職について

農家をサポートして、生産から流通、販売、営業、農機に関すること等、JAではあらゆることを取り扱っていますが、農業を基本とした職 種もその分多様化しています。この中の職種で、農家の組合員に向けて行っている金融機関は、農林水産省からの出向先にもなっています 。組織も大きく、仕事の内容も多種多様にあります。求人募集によっては、金融関係の実務経験があれば、年齢を問わないところもありま す。 JA中途採用の転職は、多岐に渡る職種があるので、自分が持っているスキルが合えば、安定したよい転職先であります。 給与・給料、ボーナスから平均年収や生涯年収・賃金を考えると一般的な企業の方がよさそうに見えるケースもあるのですが、 不安定な経済状況であるからこそ、安定している会社を選んだ方が最終的には安心だといえるでしょう。