こたつの販売とメーカー

スポンサードリンク

冬の寒くなる時期だからこそ、早め早めに防寒対策としてこたつなどの暖房機器を購入しておいた方がいいでしょう。
最近では、色々な場所で買えるようになってきました。
たとえば、ニトリ、ikea(イケア)、無印良品、コジマ、ヤマダ電機、ムトウ、ビックカメラ、イオン、フランフラン、loft(ロフト)、アクタス、ジャスコ、モリタですね。
お店に行って直接買うことができるのでかなりの安心感はあります。
アウトレットでも安く買えますし、通販だったら楽天、ディノス、ニッセン、ベルメゾン、セシール。
メーカーでいうと、日立、ナショナル、パナソニック、山善、メトロ、カリモク、ダイケン、ナフコ、ユアサ、カリモクなどがあります。

一番のポイントは長く使い続けられるかだと考えられます。

コタツの種類

コタツには色々な種類があります。
用途で選ぶか、デザインで選ぶかなどです。
例えば、足が伸ばせる掘りごたつ、デザインがかわいい・カジュアルでイラストも付いている、モダンぶとん、おしゃれな布団カバー 電気を節約するために、省スペースの省エネタイプ、体にやさしい、電磁波のでない豆炭、家に溶け込む家具調タイプ。 ハイタイプのものから丸型、長方形、円形などなど。

近頃は、掛け布団(サロン付き)、中掛け、上掛け、敷き布団に力を入れる会社が多くなってきています。見た目を重視しているのだと思います。
機能性で言うと、ヒーターユニット、コード、モーター、コントローラー部分などでしょう。

こたつの商品はこちら

こたつの選び方

こたつの選び方に悩む人も多いでしょう。それは、数がたくさんあるから! 使用する場所によっても変わってきます。例えば、家族が集まるダイニング・リビングや一人暮らしの人だったら自分の部屋用やインテリ アとしておく。 購入する際に気になるのが販売価格です。量販店などでは激安とか一人暮らしの人のために一人用60×60くらいのミニ(ペット・犬猫用)な どアピールしています。 ただ、使う中で気になるのが、ランニングコスト。つまり電気代(消費電力・省エネ)と耐久性です。 使い続けるとと壊れやすいのがヒーター部品や天板、コンセントです。保証があってもいちいち電話するのが面倒になります。 しかも冬の寒い時期に壊れたらたまりません。 そこで、購入する場合には、セットになっている製品を買うといいと思います。 つまり、保証はもちろん、ヒーターのモーターの力やデザイン、コタツカバー、電磁波まで気を使っているかなどです。 トータルで考えると、量販店がよさそうですが、無印良品はおすすめです。

無印のこたつ

無印のこたつで冬に備えてみませんか?
寒い季節にとても魅力的な暖房器具としてこたつがあります。
こたつは何か不思議な魔力があるのではないかと暖かいくらいで、入っているだけで抜け出すことが難しくなるという恐ろしい物でもありますね。 電気を使って机の下だけを暖めるという単純なものではありますが、それだけあれば他の暖房器具はほとんど必要無いくらいという物ですので、一人暮らしの方が部屋で過ごすというのであれば、ストーブを使わずに灯油代を節約することができます。
そういったこともあってこたつといのは昔から大人気の暖房器具となっています。 こたつというのは昔からあるものではありますが、大きなメーカーが扱っているというイメージはありません。 構造がシンプルな物ですので、こうすると売れるという要素がもう枯渇しているというのが大きいのかもしれませんが、こたつを買うというのはホームセンターで価格だけを見てというイメージが強いと思います。
もちろん有名メーカーでもこたつを発売していますが、メーカーがどこだからというのはあまり気にせず買う物ではないと思います。

そんな中で私がおすすめするのは無印のこたつです。 ここでは、関連情報も含め紹介します。


無印のこたつの特徴とは?

無印というのももちろん無印良品のことですが、その特徴はなんなのでしょう?
無印の商品は大々的にブランドイメージを押し出しているというわけではありませんが、安くて堅実な物が揃っているというのがそのままブランドイメージになっていると思います。 無印のこたつはそのイメージに違わずしっかりとした物が揃っていますので、これから長い間こたつを使っていきたいというのであれば、無印のこたつが大変おすすめです。
関係ないですが、こたつを調べていたら、冬和こたつ(漫画家)という人がいました。 無印のお店が近くにないので、無印のこたつを買うことができないという人も安心してください。
無印良品のホームページでは通販でこたつを買うことができますので、自宅に居ながらこたつを買うことができます。 ちなみに無印でこたつを検索してみると、かなりの種類の商品があると思いま これだけの種類があるのですから、お部屋の雰囲気に合わせて色々なこたつを選ぶことができると思います。

ちなみに無印のこたつは12000円〜20000円程度で買うことができますが、オークションサイトを見てみると10000円以下で買うことができる時もあります。 秋から冬にかけて一気に寒くなると思いますので、こたつの競争率はどんどん高くなっていくと思います。
オークションサイトで無印のこたつを買うというのであれば、なるべく早めに行動を起こすようにした方が良いと思いますよ。