ペット保険

スポンサードリンク

ペット保険は、貴方の大切なペットが病気などで通院や、入院といった事態になった時に必要となります。 未加入だった場合、人間のように医療保障制度が無いので、ペットの診察料金は全額負担となります。 医療費に基準も無く、動物病院によって診察料金もまちまちなので、高額な請求に驚いた経験があるのじゃないかと思います。 ペットも高齢化が進むと病気になりやすくなり、手術や長期入院となると、家計が大きく圧迫され、大変な事態にもなりかねません。 家計上の理由から動物病院に行くことを渋ってペットに病気の苦しみを与えない為、自分達の生活を守る為に見積もりを取り、加入をおす すめします。

ペット関連商品はこちら

ペット保険の見積もり

ペット保険の見積もりと資料請求は、ネット上で簡単に出来るので、数社分まとめて取ってからの検討と加入をおすすめします。 ペットの加入可能年齢制限があったり、うさぎやフェレット、鳥、亀といった動物が対象外になっているなど保険会社によって若干の差が あるようです。 また、加入条件や対応病院と指定病院があって、手続きもそれぞれ違うようなのでその辺の比較チェックもしっかりとしたほうがいいでし ょう。

ペット保険の口コミ

ペット保険の口コミサイトをのぞいてみると、予想に反しちょっと驚きました。 何処の保険会社が良いかではなく、入るか入らないか、つまり必要かどうかで語られているのが意外と多かったからです。 給付の対象にならない場合が多く、そんな保険に加入するくらいなら自分で預金を積み立てておいた方が良いのではという事だそうです。 でも、それは事前の情報収集が不十分だったんじゃないでしょうか? そうならないように、ちゃんとペット保険の見積もりを取って、検討して加入されてはいかがでしょうか?


ペット保険のランキング

ペット保険のランキングはネット上でもいくつか発表されていますが、ここでは他社との違いと共に、上位5社紹介します。 これを参考に比較検討されて、見積もりや資料請求などしてはいかがでしょうか?

以下、上位5社の特徴です。

■ペットメディカルサポート

□商品名:ペットの医療保険「PS保険」

□特徴:他社に無い、ペット用車椅子費用、火葬費用等担保特約としてペットセレモニー費用が出ます。入院は1日2万円まで、年間最大30日まで。加入対象ペットは、犬と猫だけですが、保険料が割安です。

■アニコム損保のペット保険

□商品名:「どうぶつ健保」ふぁみりぃ

□特徴:全国の動物病院で利用出来ますが、「どうぶつ健保」対応病院なら、保険支払い請求にかかるやっかいな手続きが不要です。加入対象ペットと年齢は、犬と猫が10歳11ヶ月まで、鳥、うさぎ、フェレットなら7歳11ヶ月までで、継続は20歳まで。

■アイペット

□商品名:ペット保険「うちの子」

□特徴:全国の動物病院で利用出来ますが、「うちの子健保」対応病院なら、保険支払い請求にかかるやっかいな手続きが不要です。通院、入院それぞれ1万5千円。手術は1回20万円まで。加入対象ペットは、犬、猫、うさぎ、鳥、フェレットです。

■アリアンツ

□商品名:アリアンツのペット保険

□特徴:日本で初めて金融庁の認可を受けたペット保険なので、安心です。加入対象ペットは犬と猫です。

■日本アニマル倶楽部

□商品名:「The ペット保険 PRISM」

□特徴:治療費用は限度額範囲内で全額補償されます。ペットの年齢にかかわらず保険料は一定です。加入対象ペットは、犬、猫、フェレット、うさぎ、チンチラ、リスザル、プレーリードッグ、ハリネズミ、リス、モモンガ、モルモット、ハムスターといった小動物。オウム、ヨウム、ブンチョウ、サイチョウ、カナリア、インコ、ジュウシマツといった鳥。カメ、イグアナといった爬虫類。資料請求や見積もりだけでもとても参考になると思います。近所の人や身近な人の口コミやインターネットの掲示板などの評価・評判など を参考に使われるといいと思います。


各社の提案を見比べると、動物が人間と暮らすうえで色々と生活に負荷をかけながら生きるため一緒に暮らす家族としてプランから検討してみるというのもいいと思います。


実際に家族の中から一緒に暮らしていた家族が一匹(一人)減るだけでかなりの心の不安があると思います。資料請求するだけでもおすすめです。