セルコンダイエットとは

スポンサードリンク

セルコンダイエットとは「セルフコンシャスダイエット」の略称で「簡単、即効、快楽」をモットーに考えられたダイエットです。
コンセプトはいつでもすぐ簡単にでき、効果があり、継続してやって成功させようという意欲(快楽)が出る、ということです。

しかも、器具は使わず体一つでできるので投資費用はゼロ!というのがこっそりと評判を呼び始めています。
ただ効果がすぐに出るといっても、短期間で数kg落ちるようなものではないようですね。
なお、セルコンダイエットはウエストが気になるメタボ予備軍な方や腰を丸めて座りがちな方、下半身太りの気になる方、便秘がち、冷え性、むくみ、肌荒れ、生理不順などにも効果があると評判です。程度の軽いエクササイズも多いので、産後のママさんたちにもできそうですね。

ダイエット商品はこちら

セルコンダイエットを成功させるためのブログ

ブログでも評判になってきているセルコンダイエットの大原則は「体重計に乗らない」「食事のときに”この肉を食べたら太る””これは何kcal”などと考えないこと」です。
これではどれだけ痩せたかわからないから困る、と思われるかもしれませんが、それがセルコンダイエットのやり方なのです。
じゃあどうやって結果を確認するのかというと、「見た目」です。周りは自分が何kg痩せたかなんてわかりません。ぷっくり出ていたウエストが引っ込んだ、背筋が伸びたなどという見た目がわかって、「あれ、あなた細くなった?」などと周りの評判になればセルコンダイエットは大成功なのです。
方法や理論をわかりやすくまとめた考案者のブログがありますので、「やってみようかな」と思った方はそちらを一度見てみるといいと思いますよ!

セルコンダイエットの方法とは

セルコンダイエットの方法ですが、一言で言うとエクササイズをする、ということに限ります。
ここでのポイントは「エクササイズを行う部位の筋肉をしっかり意識して動かす」ということです。

ウエストを例に挙げて基本の方法を説明すると、立った状態か座った状態でお腹に手を当てて、ゆっくり鼻から息を吸いながらお腹を膨らまし、ゆっくり口から息を吐きながらお腹を引っ込めるというのを10回繰り返します。

このときに腹筋を意識して動かすようにするのがポイントです。これならダイエット器具の持ち運びも要らないし短期間でできるので、(静かに行えば)通勤・通学中でもやろうと思えばすぐにできます。
赤ちゃんを抱っこしながらでもできるので産後のエクササイズにもよさそうですね。
家でセルコンダイエットをする場合は四つんばいになったり、腕立て伏せの態勢で行えば負荷をかけたりもできるので、効果が上がりやすくなります。

なおセルコンダイエットの実践後は、必ずクールダウンとして筋肉のケアを行うようにしてください。張った筋肉をそのままにしておくと、筋肉が固くなって代謝が悪くなり、効率が悪くなります。こういうケアをしっかりやっておかないと評判の方法もなかなか効果が上がら ないので、必ず整理運動はやっておきましょう!


産後にも簡単にできる?

産後は今までお腹に赤ちゃんがいた為に骨盤が開ききってしまい、そのためにウエストが出てしまったりします。
トコチャンベルトなどの評判の良い骨盤ベルトを使って元に戻す方法もありますが、エクササイズをしながら骨盤回りの筋肉を鍛えてけると評判のセルコンダイエットの「骨盤エクササイズ」もありますよ!

方法は、まず仰向けに寝転がって両膝を90度に曲げてゆっくり鼻から息を吸ってお腹を膨らまします。
そうしたら、ゆっくり鼻から息を吐きながら立てた両膝をそのままの状態で左に倒し、下半身の力を抜いてゆったりと呼吸をします(このとき、ウエストの横の筋肉が伸びているかどうか意識してみましょう)

次に、先ほどと同じ要領で鼻から息を吸いながらお腹を膨らまし、曲げた両膝を一番最初の体勢と同じ状態に戻します。そうして鼻から息を吐きながら反対側に倒してください。
これで一往復を行ったわけですが、膝を倒しにくい、と感じたほうは骨盤周りの筋肉が弱っている可能性がありますので、そちらの方向に膝を倒したときは筋肉のストレッチをする時間を延ばしてあげてください。

セルコンダイエットのブログ

セルコンダイエットは、ブログ「カラダ・デザイン用語辞典」の管理人ことHAKUさんが考案したダイエット方法です。
ブログランキングではまだ目立たないところにいますが、評判が評判を呼び近々健康雑誌にも取り上げられる今一番注目のダイエットです。
このブログはダイエットを行う際に必要な基礎知識や意識する筋肉についての理論も説明してある上、わかりやすいと評判です。 ダイエット以外のサプリメントや栄養素についてのデータも揃っていて、健康的かつ、栄養もきちんと考えてダイエットを行いたい方も必見ですよ !