食品メーカーの魅力とは?

スポンサードリンク

食品メーカーを魅力的な職業だと感じる人は多くいます。 最近は、食の安全に注目が集まり、ますます食品メーカーに対しては消費者の厳しい目が注がれています。 それと同時に、健康志向、ダイエットへの関心の高まりから、 いろいろな機能性食品やカロリーオフ食品などが日々開発・研究されています。 中途採用の門戸が広がったのも、従来の食品メーカーの考え方から離れた、 外からの意見や技術などを商品開発に生かせないかと考えての側面も大きいのです。 これからもますますニーズが増す業界であり、従来の考えでは対応できなくなる場面も増えてくると考えられます。 そのため、これからは多角的な発想・開発・研究が求められ、 中途採用者はそういう部分に魅力を感じてこの業界に入ってくるのでしょう。

中途採用対策本などはこちら

食品メーカーの中途採用について

食品メーカーの中途採用が積極的に行われています。 中途採用で求められる人材といえば、「即戦力」。 ですので、大手食品メーカーを中心に、元々は、専門的な知識を必要とする点や、 独特な流通システムを理解していないといけないという点から、中途採用は同業職種からという暗黙の了解がありました。 しかし、近年は、そのような暗黙の了解よりも、前職から培った能力を重視した採用が多く見られるようになっています。 実際、中途採用により入社してきた「畑違い」が、しっかりとした業績を出している場合も少なくはありません。 前職からは全く共通点を見出せない「畑違い」に見えても、 食品メーカーが必要としている能力を意外なところで発揮してくれるかもしれない…。 採用担当が興味を持っているのはそんなところなのです。

食品メーカーに求人ついて

食品メーカーの求人は非公開で行われることもあるそうです。 これは、特に商品開発の分野でのことですが、競争が激しい業界のため、他社に動向を探られたくないから、 または、「食品」という身近なものを扱っているため、興味を持つ人が多く、 応募が殺到して業務が滞ってしまうからなど、いろいろな理由があり、 中途採用の募集も含め、紹介会社から経由というものも多いようです。 最近は、ネットを利用した就職・転職活動がさかんで、採用情報を調べるだけではなく、 スカウト制を利用しての中途採用も増えてきています。 ですので、食品メーカーへの転職機会はこれからも増えるといえるでしょう。


食品メーカーに転職ためには?

食品メーカーの中途採用の門戸が広がり、転職を考える人も出てきました。 就職の超氷河期と言われた2000年代の初め、大手食品メーカーは採用を控えていたところが多く、 20代から30代の人材不足がささやかれています。 その問題を解決するため、中途採用も視野に入れた動きになっているのです。 そのような中で、企業が求める人材も、業界経験者にしぼったものではなく、前職で積み上げてきた経験の中から、 ちょっとした共通点を見出し、それを食品業界では生かせないかと模索するようになってきたのです。

食品メーカーの営業

食品メーカーに営業能力を買われて、転職した例も少なくありません。 営業は人とのコミュニケーション能力に長けていないと難しい職種ですから、営業職経験者は、得てして話し上手な人が多いもの。 そういう人が買い物客で賑わうスーパーの店頭で商品PRをすると、顧客拡大に大きく貢献してくれることでしょう。 また、経験者ならではの顧客のニーズを敏感に感知し、それに応えていく姿は、他の社員にも大きな影響を及ぼし、 変り種のように見える中途採用者が、社内にちょっとした新風を巻き起こすことも十分考えられることです。