体脂肪の燃焼

スポンサードリンク

体脂肪を燃焼しやすくするには、食べ物とトレーニングの量ではなく、タイミングが関係しているようです。 トレーニングをするのなら、食べる前と就寝前がベストタイミングです。落とし方にはそれなりにポイントがあります。 食事前にすると、基礎代謝がよくなり、エネルギーの消費も増えて食後も続きます。 就寝前にすると、就寝中も基礎代謝は持続してエネルギーも消費し続けます。 普段の生活に上手く取り入れるよう心掛ければ、基礎代謝する時間が長くなって痩せられるでしょう。 では、どんな種目が良いのかといえば、あまり苦しい思いをして長続きしないより、楽しく長時間続けられるのがいいみたいです。 ウオーキングや水泳、サイクリングなどが適しているようです。 有酸素で筋肉や心肺機能のベースをつくれるのがその理由です。

体脂肪に関する商品はこちら

体脂肪の落とし方

体脂肪の落とし方、その効率よい方法を多くの人、特に女性は、知りたいのではないでしょうか? メタボりっくシンドロームを略して“メタボ”とい言いますが、その言葉をあちらこちらで耳にするたびに、「このままでいいのか?何と かしなくちゃ」と自問自答の毎日を送っている人も多いことと思います。 女性の急激なダイエットは、骨粗しょう症の危険も出てくるようなので焦らずにマイペースで落とした方がいいでしょう。 食べる事に気を付け、トレーニングで燃焼させるのが良いといっても、具体的には落とし方をそうするかを考えた方がいいでしょう。

体脂肪率と体重計について

体脂肪率と体重が、同時に測定できる体重計があります。 その仕組みとしては、体に流した微弱電流の抵抗値によって体脂肪率が推定されます。 人間には水分が70%、80%を占めていて、その中に脂肪も含まれています。 一定の電力を流し時に、どの程度の速度で前進をめぐるかで流れにくさがわかります。 そのことが結果として、脂肪がどの程度蓄積されているかを調べる基準となっています。 具体的に、 標準の人で、男性:15〜20%前後、女性:20〜25%。 肥満と考えられているのは、男性:25%以上、女性:30%以上となっています。 良く、高額アルバイトとして評判の治験でも、標準の体脂肪率がない人は受けられなかったりすることがあります。 私たちが普段使っているものは、あくまで家庭用で、正確な値はでないそうです。 ちなみに、計測結果は、計るたびに数字がばらついたり、朝と夜、食べる前食べた後でも変わった値がでるようです。 それは水分量なども影響するためだと考えられます。それでも、いつも同じ時間に測定し、数字はあくまで目安と考えて自分の体調の参考 にして、落とし方を考える良い基準となるでしょう。


体脂肪と食事

体脂肪と食事には、密接な関係があります。 無理に食べ物の摂取量を制限をしたダイエットでは基礎代謝を低くする可能性があるので、結果的に体内で脂肪が付きやすくなります。 体重の落とし方としては、あまりよろしくありません。これは、俗にいうリバウンドです。 痩せたい!痩せる!と決めた人でも陥る可能性があるものです。落とし方は慎重に考えないといけません。 食べる量を制限をしようとしたら、通常1日1600calを目安にするといいでしょう。 体をつくる栄養素として、蛋白質・炭水化物・ビタミン・ミネラルは出来るだけ摂らなければなりません。 それを守らなければ、体脂肪を落とすどころか、健康に異常が起こる可能性がでてきますので、要注意です。 健康の為にも、正しい体重の落とし方を学んだダイエットでさらなる綺麗な自分になりましょう!