自動車保険の控除

スポンサードリンク

自動車保険は控除がない分、安い保険料にしようと考える方もいるかと思います。
自動車保険を安く抑えたい場合はまず全体の相場を調べて、そのあと会社ごとの価格を見ていくのですが、その際はインターネットなどで 行っている一括資料請を行うことをお勧めします。

一括請求サイトによっては車種・車のナンバーや走行距離などを入力することで即座に複数の自動車保険会社のおおよその見積もりを知ることができ、だいたいの相場を読むことができますよ。

他にも、家族みんなで検討しやすいように見積もりを郵送してくれるサイトもありますので、用途に合ったウェブサイトで請求をしてみてくださいね。

自動車関連商品はこちら

軽自動車のメリット

軽自動車がガソリン代高騰の影響で注目が集まり、評判の良い軽自動車が発売されたことも手伝って売り上げが上がったそうですが、軽自 動車は自動車保険の面でもメリットが高いのが魅力です。
自動車保険の相場ですが、2000ccの乗用車と比較すると自動車損害賠償責任保険(2年)は小型車の60〜75%、任意保険(1年)は50%〜60%と、そ れぞれ安くなります。 軽自動車の用途が買い物など近場の移動に利用されるということから事故を起こす可能性が低い為に安い保険料に抑えられるようです。保 険料の相場を比較すると保険料控除並みの金額にもなるので、軽自動車に抵抗のない方は、次の車の選択肢に軽自動車を加えてみてはいか がでしょうか?

自動車保険の口コミ

自動車保険の相場や口コミも、最近はウェブサイト等でも見られるようになりました。今現在の自動車保険の相場を調べていたり、口コミ の意見を元に人気ランキングを作っているサイトもあり、見ていて参考になります。

評判がいいのは短距離走行ユーザーに人気が高いソニー保険や、相場から見ても保険料が安い三井ダイレクト損保ですが、実際に事故に遭 って対応をしてもらったときの感想は人によって様々です。 相場に比べて安い保険料はやっぱり嬉しいですが、いざ!というときの為にサービス拠点や指定修理工場の数、レッカーサポートの距離や 帰宅費用支援、距離や事故対応についてもきちんと検討をすることをお勧めしますよ!


自動車保険の相場

自動車保険の相場は、通販系自動車保険(ソニー、三井ダイレクト、アクサ等)の方が代理店系自動車保険(東京海上、三井住友海上等)の相場よりも安くなります。
代理店が入らない分、その分安い価格でサービス提供ができるようです。代理店系の保険の場合は、事故対応時に示談交渉などに社員がサポートに回ってくれるので(通販系保険はサポートに回らないこともあります)、その人件費も含まれているのかもしれませんね。 事故を全く起こさない心構えでいても、追突などで事故に巻き込まれることもあります。
万が一交渉事が発生した際にどうやって相手と示談を進めるか、ということも考えて自動車保険の選択を行いましょう。

自動車保険の控除

自動車保険には控除がかかりません。これは、年末調整などの保険料控除は自宅の地震保険や、生命保険などにのみ適用されるため自動車 保険は対象外になっているのです。 ただし、特例として「身体障害者用特別自動車で生活に通常必要である」という条件を満たし、地域所轄の税務署長が許可したものに限り 、自動車保険が控除対象となりますので、対象車両をお持ちの方は、一度税務署に問い合わせしてみてくださいね。